トップ «前の日記(2003年11月19日) 最新 次の日記(2003年11月21日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2003年11月20日

PIC12F765

この前つくったPICライターのケースを作った。それだけ

宇宙ノコでざくざくと切る。コンデンサが出っ張ったのでふたに穴を開けた(コンデンサを寝かせろという話も。しかも割れたし)。マッドマックスのボンネット仕様。
ちなみに宇宙ノコは刃がスパイラルに切ってある糸ノコでホームセンターで売っていたものであるが、360度切れるし木プラスチック金属なんでも切れる。めちゃくちゃ便利だ。一家に一個、いや一人1個必需品。

PIC12F675

picによる無線温度センサーのPC側受信プログラムを作ってみた。温度センサーは廊下に出してみた。

2003/11/21 05:42:12 ok[  125]...[A0401a6] 種類=A 局番=0 通番=4 温度=21.69
2003/11/21 05:43:22 ok[  126]...[A0501a7] 種類=A 局番=0 通番=5 温度=21.74
2003/11/21 05:44:39 ok[  127]...[A0601a6] 種類=A 局番=0 通番=6 温度=21.69
2003/11/21 05:45:45 ok[  128]...[A0701a6] 種類=A 局番=0 通番=7 温度=21.69
2003/11/21 05:46:41 ok[  129]...[A0801a7] 種類=A 局番=0 通番=8 温度=21.74
2003/11/21 05:47:11 ok[  130]...[A0901a7] 種類=A 局番=0 通番=9 温度=21.74
2003/11/21 05:48:18 ok[  131]...[A0a01a7] 種類=A 局番=0 通番=10 温度=21.74
電池電圧低下によるA/Dのリファレンスボルテージ変動の影響が意外と大きい。基準電圧回路が必要だ。

PIC12F675

データシートをよくよく読んでみると内蔵RCオシレータの校正値をOSCCALレジスタに書かなければいけないことが分かった。校正値は0x3ff番地に RETLW xxx という命令として書かれているので最初にcall 0x3ff すると W レジスタに入ってリターンされて来るそうだ。データシートが英語なので良く読んでいなかった(A^^;;。でも手クロックによる無線シリアル通信のボーレートには影響与えていかったらしい。
	org	0
	call	0x3ff
	movwf	OSCCAL
	goto	START
;INTERRUPT
	org	4
ISR_START