トップ «前の日記(2006年10月10日) 最新 次の日記(2006年10月13日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2006年10月12日

核実験

こういうジョークがあった。アメリカ国民は自ら銃をにぎり自衛する権利がある。誰から身を守るのか。騒がしい隣人ではない。合衆国憲法修正第2条が認めている権利とは、国民は合衆国政府から身を守る自衛権を認めているというのだ。従って"国家権力が"国民から銃を取り上げるという憲法修正は違法このうえない。もちろんこれは左派のジョークだが、力の無いものが力を手に入れようとするときには苦し紛れでも理屈を押し通す必要があろう。

ところで、今回の核実験で一番困ってるのは誰かと考えると、やっぱり中国なんだろう。中国にとって最悪のシナリオとは(ありえないが)米国による北制圧、金体制の崩壊。イラクのように体制崩壊後に無理やり親米政権を創設されたら国境を接している大国としていい状態ではないだろう。中国としては北朝鮮は現在の体勢のまま(利でも疫でもない状態で)維持してほしいのが本音なんだろう。朝鮮半島は53年以後も代理戦争のいけにえにされつづけているのだ。となると今回の有事の背後に中国はいない。中国が困ってうれしいのはだれか?ブッシュか?今回の有事の背後にはじつはブッシュの陰謀が隠されている。なんて考えるとスパイ小説の世界に引き込まれる。

スパイ小説ネタを押し通すと、ロシア陰謀説を仮説してみるのもありだ。実験にロシアが軍事協力をしていたならば。ロシアとしてもうるさいお隣さんには静かに暮らしてほしいところだ。そうなるとアメリカと利点が一致する。ブッシュからの要請でロシアの工作部隊が動き、北に言いよって実験の支援を行った。全ては茶番劇で現実の脅威は空虚のままだと(それでも得をする人間は数知れない)。

ネタはその程度にしておいて、現実のわが国をみると、依然として決定力を持っていない。だが国民感情としては「やっぱあの国やべーぜ」ということで全体が少し右に動いたと思う。仮想敵国を作るのは国民の意識を一方に向けるためにどの国の政権も行ってきた手法だが、はからずも与党にとってはうれしい材料になったかもしれない。