トップ «前の日記(2006年10月13日) 最新 次の日記(2006年10月18日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2006年10月17日

高信頼性ソフトウェア

http://www.nmiri.city.nagoya.jp/event/h18/event181024.htm
 高信頼性ソフトウェア 講演会
 ----組み込みで主導する日本のソフトウェア技術
 主催  名古屋市工業研究所
 
 製造物に対する安全についての社会の注目が集まっています。日本の組み込み
 ソフトウェアは、品質が高いことが業界では国際的に認められています。しか
 し、その検証方法を定式化していない場合、または保守、点検を始めとする作
 業標準が安全のため確立していない場合があります。製品については、ソフト
 ウェアの検証方法を体系的に構築することが求められています。TOPPERSプロ
 ジェクトでは、高信頼性ソフトウェアをめざした取り組みが行なわれておりま
 す。TOPPERSプロジェクトに参加している(株)エーアイコーポレーションは、
 取り扱いツールであるPoly Space Verifierを中心に、この最先端の分野で活躍
 されています。
 
 組み込みソフトウェアの高信頼性のために、IEC61508に基づく機能安全と、そ
 の自動車向けのガイドであるISO26262の取り組みがあります。機能安全の規定
 にもとづいたC言語のサブセット定義として、MISRA-Cがあります。このMISRA-C
 は、日本からの意見を中心に大幅に2004年に改訂し、自動車技術会が翻訳を発
 行し、10月には日本規格協会より解説書を発行する予定です。さらに、ISO/IEC
 15504に基づいたAutomotive SPICEモデルによる現場の作業診断に対する取り組
 みを行っており、これらについてご報告いたします。
 
 日 時: 平成18年10月24日(火曜) 13:30 —16:45
 場 所: 名古屋市工業研究所 ホール
参加してみる。↓関連書籍
組込み開発者におくるMISRA-C 2004—C言語利用の高信頼化ガイド (AMAZON)